スキー・スノーボードツアー専門店 スキーツアーオフィススキー&スノーボードツアーの専門店 スキーツアーオフィス

蔵王でスノボーを楽しむ方法を紹介


お支払いは銀行振込・クレジットカード決済・コンビニが選べます。

いつかはチャレンジしてみたいと思っている人も多い

ウィンタースポーツが趣味で、スノボーを楽しみたいと思っている人の中には、蔵王でいつか滑ってみたいと考えている方も多いでしょう。日本を代表するスキー場であり、最長滑走距離9,000メートル、総面積305ヘクタール、最高標高1,660メートル、コース下までの標高差880メートルとなっています。いずれも、日本最大級と言われているほどです。これだけの規模を誇りますので、コースレイアウトのバリエーションも豊富です。初心者から上級者までいろいろな人が楽しめるため、冬場になると連日多くのお客さんが集まってきます。規模が大きいことから、1日ではすべてのコースをまわりきれないでしょう。 蔵王をスノボーで攻略するためにやってはいけないのが、ロープウェイの山麓線を利用することです。山麓の駅から乗ることができ、山頂に向かうのには距離的に見ると最短ルートとなりますが、山麓の駅はかなり混み合います。また、このスキー場の周辺は世界的にも珍しい樹氷が見られるスポットとしても知られていて、それほど特別な装備がなくても、手軽に楽しめる観光スポットになっています。そのため、ウィンタースポーツを楽しむ人だけでなく、多くの観光客もこのロープウェイを利用しています。 ロープウェイは2台が運行していて、1台に収容できるのは30から40人程度であり、かなり待たされる可能性があります。平日はまだ空いている方ですが、土日や連休の場合は多くのお客さんでごった返すことも少なくありません。中にはロープウェイに乗れるまで実に1時間近く待たされたというケースもありますから、その点は十分理解しておきましょう。

初心者が利用するのであればロープウェイの左側がおすすめ

スノボーの初心者が蔵王で楽しむのであれば、ケーブルとロープウェイの左側のコースがおすすめです。こちらにはたくさんのコースが用意されていますし、リフト数も比較的多めです。そのため、リフトに何度も乗って、自分のお気に入りのコースを見つけることも可能です。しかもコースレイアウトのバリエーションが豊富であれば、それぞれのコースにお客さんが分散します。つまり、スキー場全体ではたくさんの利用客がいても、それぞれのコースがそれほど混雑することはないということです。基本的な滑りを勉強できるようなコースもありますし、トリックの練習に最適なコースなどもあります。 スノボー初心者の中には、せっかく来た以上、山頂から滑ってみたいと思う人もいるでしょう。山頂にある駅がリフトの頂上に位置していますが、こちらには樹氷原コースがあります。樹氷原コースは左右が樹氷に囲まれています。少しテクニカルではありますが、コース全体の長さはそれほどではないため、経験が十分でない人でも対応できる可能性が高くなっています。樹氷に囲まれるというなかなか見られない景色を堪能できるでしょう。 ちなみに樹氷原コースが終了すると、左側と右側に位置するそれぞれ異なったゲレンデへ繋がっていくレイアウトになっています。スノボーを楽しむのであれば、左側にある方のゲレンデに向かってみましょう。右側にある方のゲレンデの場合、途中傾斜の緩くなるところがあり、スノボーの場合は止まってしまう恐れがあります。左側にある方のゲレンデなら、引き続き滑走を楽しめるでしょう。



上級者はロープウェイの右側を滑るべき

上級者の場合、逆にロープウェイやケーブルの右側のコースで楽しむのがおすすめです。それぞれのコースのリフト移動距離が長いですし、シンプルなものが多くなっています。複数のコースを連続で滑走することも可能です。ただし左側と比較すると斜度がきつくなりますから、初心者にはやや厳しいでしょう。中級者から上級者であれば十分対応できるでしょうし、楽しむことも可能になります。 ちなみに右側のコースでおすすめなのが、2つある崖のような斜面の部分です。いずれも蔵王スキー場の名物と言われています。斜度はそれぞれ38度と30度と、初めて見た人は崖のような感じを受けるものとなっています。スノボーの場合、おしりを雪面に触れるような感じで滑走する形になるため、技術に自信のない人にはあまりおすすめできません。その他には、上級者の場合、高原にあるスキー場のゲレンデもおすすめのコースです。技術力の試されるコースで、斜度もある程度きついですし、こぶ斜面も多く用意されています。初心者が来ることはまずないので、どのタイミングでも比較的空いています。衝突などの事故リスクも軽減できるでしょう。このように蔵王には個性的なコースがあります。興味のある人はマップなどを見てどのように滑走するかプランを立ててみるといいでしょう。 しかし、その分危険度の高いコースであるとも言えます。このようなコースを滑走する場合には、ヘルメットを装着する、アンダーウェアにはパッドの入ったものを身に着けるなど、転倒した際の対策もしっかり講じておきましょう。自分のレベルに見合ったコースで楽しむことが大事です。

スノボツアーを格安で利用するためにできる方法とは  一覧ページ  上越日帰りバスツアーについて

TOP