スキー・スノーボードツアー専門店 スキーツアーオフィススキー&スノーボードツアーの専門店 スキーツアーオフィス

スキープランの選び方はどうすればいいのか?


お支払いは銀行振込・クレジットカード決済・コンビニが選べます。

スキープランの選び方はどうすればいいのか

スキープランの選び方はどのようにすれば、効率的にスキー場を決めることができるのでしょうか。最初に決めるのが、どこに行くのかです。スキー場によってツアープランは様々なので、まずはどこに行きたいのかを考えるようにしましょう。 知名度が高いところは混雑しやすいので、早い段階で予約する必要があります。人気のスポットに行くのもいいですが、なるべく自由に滑りたいのであれば知名度だけで選ぶのではなく、混雑度で選ぶといいでしょう。

プランは多くの旅行会社で計画されているので、まずは旅行会社のホームページを見て比較検討しましょう。 同じスキー場でもプランが異なることがあるので、自分にとってベストなプランを提供している旅行会社を選ぶことが大事です。このとき、値段だけを比較して決めるのではなく、なるべく目的に合ったプランを選ぶようにしましょう。さらに、現地に着いたときに毎日好天が続くとも限らないので、自分の予定と晴天率も照らし合わせながら日程を決めると現地に着いたときに滑れなくなるリスクを抑えることができます。

ときどきリフト券付きのツアーがありますが、悪天候のときに払い戻しがあるかどうかも確認しておきましょう。また、板やウェアなどはレンタルできるかどうかや、自分で何を用意すればいいのかなどもツアーに申し込む前に確認しておけば、現地に行ったときに困ることがありません。つまり、事前にきちんとシミュレーションしておき、当日になって困ることがないようにしておくことが大事なのです。 わからないことがあったら旅行会社に問い合わせ、トラブルが起きないようにしましょう。

スキープランの選び方においてホテルの条件は大事

スキープランの中には宿泊付きプランもありますが、実際に宿泊するホテルや旅館がどのようなところなのかを事前に調べておくことも選び方においては大事なことです。最近は口コミサイトがあるので、宿泊予定の施設の口コミ内容を事前に調べることができます。短期のプランではなく、長期に亘るプランの場合であればなおさら宿泊施設の条件は大事です。 良いホテルや旅館であればスキーをより楽しむことができますし、さらに疲れもしっかりと取ることができるので翌日も楽しく滑ることができます。

部屋のタイプも和室や洋室がありますし、お風呂やトイレが付いていないこともあるので、自分好みの施設を旅行会社のホームページからしっかりと選びましょう。また、施設からゲレンデまでどのくらいの距離があるのかや、遠い場合には宿の送迎があるかどうかなども大事な要素です。 徒歩でゲレンデまで行ける距離に施設があるなら時間を気にすることなく滑ることができますが、送迎付きの場合であれば時間を気にして滑ることになります。どちらがいいのかはスキープランに参加する人数によっても異なりますが、複数で行く場合であれば事前に打ち合わせておきましょう。

宿泊施設の立地条件はとても大事なことなので、申し込みのときに詳細を確認しておきましょう。アクセスが良く、バス・トイレ付きでゲレンデサイドの施設は非常に人気なので早めに予約を入れておく必要があります。 こまめに旅行会社のホームページをチェックして、理想のスキープランの有無があるかどうかを見るようにしましょう。また、それに合わせて予算の都合が付くかどうかも確認しておくことが大事です。



スキープランを決める上でのバスツアーの選び方

バスツアーの場合であれば、朝発と夜発のバスを選ぶことができます。夜発の場合であれば早朝にスキー場に着くので朝一番から滑ることができます。しかし、夜行バスで移動するので睡眠を取ることができないと体調が万全ではない状態で滑ることになります。また、周りは皆寝ているので気軽におしゃべりができる環境でもありません。さらに、サービスエリアも開いていないことも多いので、軽食などを買うことができない可能性があります。 そのため、夜発の場合は事前に軽食やドリンクなどは用意しておくと困ることがありません。

一方朝発の場合であれば、前夜に睡眠をしっかりと取ることができるので、体調管理のことを気にする心配はありません。また、移動中にはサービスエリアに寄るので軽食を買うこともでき、車内での会話も盛り上がります。ただ、スキー場に到着するのはお昼くらいになるので、滑る時間は夜発と比較すると短くなります。また、朝発の場合はバスが渋滞に巻き込まれてしまうとその分スキー場に到着する時間も遅れてしまいます。

したがって、バスツアーで夜発がいいのか朝発がいいのかは、選び方としての基準があるわけではなく完全に好みになると言えます。短期間しか滞在しないのであれば夜発にしてなるべく多く滑る時間を確保した方がいいという考え方もありますし、それなりに長い期間滞在するのであれば慌てて行く必要もないという考え方もあります。自分達の都合や目的に合わせてバスツアーを選ぶようにするのがベストな選び方です。

スキーツアーは楽しみ・メリットが多い  一覧ページ  日帰りのスキー&スノボーツアーに申し込むときの注意点とは

TOP