スキー・スノーボードツアー専門店 スキーツアーオフィススキー&スノーボードツアーの専門店 スキーツアーオフィス

スノボーツアーで荷物になる用品のレンタルなどの情報


お支払いは銀行振込・クレジットカード決済・コンビニが選べます。

スノボーツアーへの参加を考えている方はこちらをチェック

これからスノボーツアーに参加して、その魅力を満喫するためには、使用するグッズにも気を配ることが大切です。それらの用品は、ほとんどレンタルすることが可能になります。したがって、自宅から持って行くのが荷物になると感じる場合も、現地で自分に合うグッズを借りると良いでしょう。

スノボー用品の中でも、ボードは、アルペンボードとフリースタイルボードという2種類があり、それぞれ滑り方によって形状に違いがあります。 その内、アルペンボードは、前方のみへの滑走となるため後ろ側がカッティングされた形状になっています。一方、フリースタイルのボードは、両方向への滑走が可能な形状となっています。したがって、使用するボードを選ぶ場合、大半の場合、フリースタイルのものを選択することになるでしょう。また、初心者の方であれば、フリースタイルのボードの中でも、オールラウンドタイプのものを選ぶのがおすすめの方法です。

次に、バインディングは、ボードとブーツを固定するために使用する金具で、ビンディングとも呼ばれます。こちらは、ベルトで固定するものと、ステップイン方式で装着するものの、2種類のタイプがあり、硬さや重量などもバリエーションに富んでいます。全体にハードなバインディングは、足からボードに力を伝える際の精度が高くなるので、上級者に適しています。しかし、ミスをした場合の影響も大きくなるので、初心者の方は、ソフトなものを選択すると良いでしょう。

それぞれの用品に関する情報をご紹介

スノボーツアーでは、用品が荷物になると感じられる場合でも、ほとんどのものを現地でレンタルすることが可能です。スノボー用品の中でも、ブーツは、ボードと同じくらいに重要なアイテムです。こちらは、大変ソフトで、保温性や通気性が高いという特徴があります。フリースタイルの場合、ソフトタイプのブーツを使用することとなります。ブーツは、デザイン性の高さよりも、使い勝手の良さに重きを置いて選ぶのがおすすめの方法です。 実際にゲレンデで紐を縛ったり、歩いたり、脱いだりする時のことをイメージして、総合的に使い勝手の良いものを選ぶことがポイントになります。

次に、ウェアは、ワンピースとセパレートという2種類のタイプに大別されます。こちらは、防寒や防風、通気性などに優れ、デザイン性も高くなっているので、初心者の方でも、好みのものを選ぶことが可能になります。この先、ウェアを購入したり、レンタルしたりするにあたっては、あらかじめ試着を必ず行ない、両腕を延ばしたり、屈伸運動をしたりしてみて、身体の動きが妨げられないかを確認しておくことが大切です。

続いて、グローブには、厚手のものやミトンタイプのものもありますが、慣れないうちは指が動かしにくいため、薄手の5本指タイプのものを選ぶと良いでしょう。また、リーシュコードというボードの流れを止めるために使用するアイテムも必要です。こちらは、ほとんどのゲレンデで装着することが求められます。その他にも、ニット帽・ゴーグル・パスケース・デッキパッド・ヒップパッド・ひざパッドなどのグッズがあれば、便利に楽しくスノボーをすることができます。これらの用品は、現地のショップで販売されていることが多いので、持参しなくても、必要に応じて購入することも可能になります。


スキー、スノボーツアーの豊富なプランを用意している業者と、用品のレンタル、購入について

巷には、人気の高いスポットを目的地としたスキー、スノボーツアーを組み、バラエティ豊かなプランを用意している業者も存在するので、チェックしてみることをおすすめします。例えば、日帰りプランから、温泉の魅力を堪能できる宿泊付きプランに至るまで、豊富に取り揃えている業者は、ファミリーや友達同士など、さまざまな人たちにとって利用価値が高くなります。

スキーやスノボーをするために必要となる用品は、現地でレンタルすることが可能です。こちらは、自宅から多くの荷物を持参するのが面倒だと感じる方にもおすすめのサービスですが、当然のことながら、利用するたびに所定の料金を支払わなければなりません。 したがって、スキー、スノボーをする頻度や回数によっては、レンタルではなく、購入の方がお得になるケースも存在します。

これからスキー、スノボーツアーへ参加するにあたっては、現地でレンタルすることのできる用品や、それぞれの代金の相場についても理解を深めておくと良いでしょう。どこでも、スキー、スノボーの用品一式は、ほぼレンタルすることが可能です。一式でレンタルすると料金がお得になる場合が多いですが、別々にレンタルすることもできます。また、スキー、スノボーツアーを提供する業者の中には、レンタル料金がお得になるプランを用意しているところもあるので、チェックしてみることをおすすめします。

新幹線・バスによるスキー&スノボーツアーの情報  一覧ページ  最近の流行?一人スノボーツアーに参加するには

TOP