スキー・スノーボードツアー専門店 スキーツアーオフィススキー&スノーボードツアーの専門店 スキーツアーオフィス

積雪のある季節にスノボーをするためにゲレンデを利用しよう


お支払いは銀行振込・クレジットカード決済・コンビニが選べます。

スノボーを趣味にするメリットとは

日本人の中にはウインタースポーツを楽しむ人は多くいます。ウインタースポーツとは冬に楽しむスポーツです。ウインタースポーツの種類はたくさんありますが、実際には雪を利用したスポーツが多いです。冬の季節は気温が低く、北から寒気が入り込む影響を受けて日本列島では夏の季節に比べて全体的に気温が低下します。気温が低下することで積雪しやすい状態になります。 平野部でもその年によって10センチ以上積雪するところも多く、山間部では1メートル以上積雪するところは珍しくありません。雪は積雪を観測して間もない状態の時、基本的にはクッションのように転倒をしても痛みを軽減することができます。また、地面に比べて積雪がある場所は滑りやすいです。

雪を活かしたウインタースポーツとして挙げられるのがスノボーです。スポーツ用品店などでも冬の季節になるとスノボー用品を扱う店がたくさんあります。基本的には専用の板を使用して足を固定して滑ることになります。初めからスムーズに滑ることは難しいですが、練習をすれば徐々に技術を上達させることができるので、技術の向上を感じられることがメリットだと考える人もいます。 その他にも趣味にすることで複数のメリットを挙げることができます。

例えば、友達や仲間と滑りを共感することができる点です。実際に一人ではなく友達や恋人、会社の仲間など複数人で一緒にゲレンデに向かう人が多いです。また、家族と一緒に行くことも可能です。一緒に滑ることで楽しさを共感できたり、ツアーなどで向かう時もバスや新幹線の中で会話をして盛り上がることができたりするので楽しい時間を過ごすことができる人は少なくありません。 その他のメリットはゲレンデご飯を楽しむことができることです。スキー場などの施設においてはご飯が食べられる設備が完備されているところが多いです。実際に雪山で食べることになるので、いつもとは違う雰囲気で食事ができます。また、種類なども豊富に準備されていることもあり家族で楽しむことができます。スノボーが趣味だという人の中には、滑ることでストレスを発散している人もいます。基本的にスノボーを行う場所はいつも生活をしている場所とは違う空間です。 積雪はもちろんのこと、自然が豊かで良い景色を見ることができます。そのため、非日常的な空間に長時間いることができるので、魅力と感じる人も少なくありません。

ゲレンデの過ごし方

今までスノボーをしたことがない人の中にはどのようにゲレンデで過ごせばいいのかわからない人も多いです。あらかじめ、ゲレンデでの過ごし方を知っておくと現地で活用することができます。

まずは家族や友達、恋人と一緒に滑る時は技術の差をどのように埋めるかです。例えば、実際に趣味にしている人も多いので、団体で一緒にゲレンデで滑る時はそれぞれ人によって技術の差が生まれてくる可能性があります。また、ゲレンデではなるべく同じぐらいの技術の人が滑ることができるように初心者コース、中級者コース、上級者コースなどと複数のコースを設けているケースが多くあります。技術の差がある人達が一緒に滑る時は、技術レベルが高い人がそうでない人に合わせてあげることで、お互いに楽しく過ごすことができます。

ゲレンデで過ごす時はできるだけこまめに休憩を入れるようにしましょう。スノボーは板に乗り滑るだけなので初めてスノボーをする人の中にはあまり疲れないのではないかと思う人もいるかもしれません。しかし、実際には多くの体力を消費することになるので、こまめに休憩を入れなければバテてしまう人もいます。休憩できる設備が完備されていることもあるので、そのような場所で定期的に休憩をしてリラックスしましょう。休憩所に行かない場合は、ゲレンデの真ん中で休憩すると衝突事故の原因になることもあるので、端によって休憩するようにしましょう。 一人ではなく複数人で足を運ぶ時は思いやりをもって楽しい時間を共有できるように配慮しましょう。

ツアーを利用してゲレンデに行こう

スノボーをするためにゲレンデに行く方法は複数挙げることができますが、現在ではツアーを利用して行く方法もあります。

ツアーを利用して新幹線やバスで行くことができれば、運転をする必要なく足を運ぶことが可能です。ツアー会社によっても異なりますが、バスや新幹線、車など自由に選択ができます。運転をしなくてもいいため、運転に自信がない人でも気軽に足を運ぶことができます。

また、積雪がないとまずスノボーをすることができないので、行く途中に積雪がある道を自分で運転するとなると負担を感じる人も多いでしょう。当然スタットレスタイヤを使用していても滑る危険性があります。 そのため、雪道を走ることに慣れておらず自信がない人の走行は難しいケースもあります。もしバスなどを利用すればプロの運転手が対応してくれるので、積雪のある道を自分の車で走行してなくても現地に足を運ぶことができます。その他のツアーを利用することで料金などにメリットを感じる人も多いです。

子供と一緒にツアーでスノボーに行こう  一覧ページ  スキー&スノボーを楽しむなら白馬もおすすめのスポット

TOP