スキー・スノーボードツアー専門店 スキーツアーオフィススキー&スノーボードツアーの専門店 スキーツアーオフィス

ウィンタースポーツを楽しむ上でリフト券の予約は重要!


お支払いは銀行振込・クレジットカード決済・コンビニが選べます。

ウィンタースポーツで必要なリフト券を予約する

ウィンターシーズンになると、スキーやスノボーを楽しむ人も増え、ゲレンデを訪れる人も増えます。しかしスキーやスノボーを楽しむ時にはゲレンデに行くだけではなく、ゲレンデの上までリフトを使って移動しなくてはいけません。ゲレンデの上まで移動するにはリフトやゴンドラを使う必要がありますが、リフトやゴンドラを使うためにはリフト券が必要となります。 この券はリフトやゴンドラに乗る前に購入する必要がありますが現地に行ってから購入するとなると、混雑に巻き込まれてしまって購入するまでに時間がかかってしまうなど、余計な手間がかかってしまう場合があります。ですから事前に券を予約購入しておくとスムーズにスキーやスノボーを楽しむ事ができるようになります。

では、リフト券を予約する時にはどのような手順が必要となるのでしょうか。この手順を知らないままでは、事前に用意しようとした時にスムーズな手続きを行う事ができず、うまく購入する事ができなくなってしまいます。日帰りでスキーやスノボーを楽しもうと考えた時には、なるべく長く楽しむためにも事前に券を用意しておくというのは非常に重要です。 移動時間なども考えなくてはいけませんから、いちいち券を買ってからリフトに乗るとなるとどうしても楽しめる時間が少なくなってしまいます。日帰りであっても長くスキーやスノボーを楽しみたいというのであれば、やはり事前に券を購入しておいて現地に行ってからの手間を省くのが重要です。


またリフトやゴンドラの券にはいくつか種類があり、どの券を購入するのかも重要となってきます。ですからゲレンデに行く前には購入する手順や券の種類について知っておき、スムーズな事前準備ができるようにしておきましょう。宿泊や日帰りによってお得な種類は違ってきますから、きちんと種類の違いなどを知り、コストを抑えてスキーやスノボーを楽しめるようにすると良いのではないでしょうか。


リフト券の種類と予約購入するメリット

リフト券にはいくつか種類があり、予約する時にはどの種類を購入すると良いのかを考える必要があります。事前に購入しておくメリットは、現地についてから券を購入する必要がないので時間を節約する事ができるというだけでなく、現地で購入するよりも安い価格で券を購入する事ができるという点も挙げられます。特に現地で券を購入する手間が省けるというのは大きなメリットで、日帰りでスキーやスノボーを楽しみたいという方には、特に魅力的なメリットとなります。 日帰りの場合はどうしても時間を気にしなくてはいけませんから、券の購入にかかる時間を削れるというのは大きなメリットとなります。


リフト券の種類としては、1日券や期間中乗り放題券、平日券やファミリー券などさまざまな種類があります。特に1日券と乗り放題券はよく利用する事になりますので、この2種類がどういった券なのかを知っておきましょう。1日券は名前の通り購入した日に何度もリフトに乗れるというもので、1泊2日といった日程で訪れた場合は2日目は使えなくなってしまうため日帰りの際に便利な券です。 期間中乗り放題券は、一定の期間の間であればいつでもリフトに乗り放題となりますから、複数日宿泊してスキーやスノボーを楽しみたいという場合に重宝する券となります。ただ、1泊2日で1日目と2日目で違うゲレンデに行くという場合は、1日券を2回購入した方が良いでしょう。


またナイターを含むかどうかでも種類がわかれます。夜も滑りたいという方はナイターも含む券を購入するようにしましょう。これらの券は安くリフトに乗りたい、現地で券を購入する手間を省きたいという方におすすめできる物で、日帰りなのか宿泊するのかによって購入する種類を変えるとより重宝する物となります。


リフト券を予約購入する手順とは

リフト券を予約購入する時の手段としては、インターネットを使った方法が一般的とされています。ネット上ではスキー場の場所や券の種類によって検索する事が可能となりますので、こちらから自分の行くスキー場や購入したい券の種類から探してみると便利です。では、予約する時の手順はどのようになっているのでしょうか。


まずは自分の住所や利用したい券の種類、スキー場に来場する日時などの必要事項を記入します。必要事項の記入が完了すれば手続きそのものは完了となります。ここで、完了ページを印刷しておきます。そしてスキー場に行く当日に印刷した完了ページをチケットセンターに持っていき、料金を支払う事でリフト券を入手する事ができます。もし完了ページの印刷をし忘れてしまった場合は、キャンセルするのではなく予約し直す必要があります。ただ、この手順はスキー場によって多少違ってきます。 印刷ではなくメールで完了ページを送信しておく場合もありますので、きちんとチケットセンターでどうすればいいのかを確認しておきましょう。


また、ネット予約以外にも電話での受付に対応しているスキー場も多いですから、どういった方法があるのかを調べて、自分がやりやすい方法を選ぶようにしましょう。インターネットならば日時や場所に関わらず手続きをする事ができますが、入力の不備などが心配だという方は電話を利用した方法の方が安心できます。 インターネットを利用する場合も電話で行う場合も、どちらにもメリットがありますからどちらが良いという訳ではなく、どちらの方法に対応しているのか、自分がより安心して利用できるのはどちらなのかという点を重視して選んでみてはどうでしょうか。

スキーに行きたいならばバスツアーを利用しよう  一覧ページ  スノボーのツアーにカップルで行くときのツアーの選び方

TOP